5話、処女ギャルの締め付けるアソコを奥深くまでほぐしていき…

5話のネタバレ

 

国広のディープキスは甘くて切ない感じである。

 

飛鳥にとっては初めての感覚である。

 

これまでにキスでここまでとろけるのは初めてだ。

 

首筋を舐められ、身体の力が入らない状態だ。

 

セーラー服を脱がすと、綺麗な胸がさらけ出していた。

 

手にフィットするオッパイ、抵抗する飛鳥の手を握り、

 

得意の舌で、乳首を舐め上げる。

 

童貞と馬鹿にした男に触られてこんなになっているとはと罵声あびせる。

 

乳首を摘まむと、

 

 

「あっ、いやっ」

 

 

しかし、言葉と裏腹な身体である。

 

「処女みたいだな・・」

 

すると、飛鳥は逆上してきたが、その態度で図星であるとわかった。

 

ストロークの長い舌で乳首を下から舐め上げると。

 

飛鳥の身体が「ビクッ、ビクッ」と反応している。

 

 

「ウッ、やだぁ、あああああああ!」

 

 

「はぁ~はぁ~はぁ~」

 

 

息が段々と荒くなっていくのがわかる位興奮している。

 

机の上に寝転ぶ飛鳥

 

スカートの中のパンティーのクロッチ部分の縦割れ筋からはネットりした液体が薄っすらと光っている。

 

眺めていると、ドンドンパンティーの光っていく部分が広がっているのがわかる。

 

あきらかに愛液が溢れ出ているのだ。

 

興奮した国広は飛鳥のパンティーを膝まで脱がし。

 

おまんこをまじかで見た。

 

グッチョリ濡れているおまんこは想像以上にグロテスクである。

 

大陰唇はまるで生きているアワビである。

 

その大陰唇を国広の舌で舐め上げると

 

「はぁ~はぁ~くぅう!」

 

なにか我慢しているような声がでている。

 

大陰唇、小陰唇(ビラビラ)、そして陰核を丁寧に舐め上げる。

 

ちょっと酸っぱい愛液が溢れ出てくる。

 

机が愛液まみれになっている。

 

机から床に愛液が糸を引いて垂れている。

 

両手でおまんこの大陰唇を広げると膣口が現れてそこから白い愛液がたらたらと溢れ出ていて、お尻の穴まで垂れている。

 

そのおまんこに、長い舌を入れると、飛鳥のおまんこが締め付けてくる。

 

このおまんこをもっと味わいたいと思い。

 

イキレ立っているちんこを濡れたまんこに・・・・

 

5話はここまで

 

次話が楽しみだ

 

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パシリの舌テク、ヤバいって…ッ」をコピペして検索してください。

次話はこちらから⇒6話へ

5話の感想

 

みなみのエロさもすごく抜けたけど

 

飛鳥も負けないくらいのエロさである。

 

パンティーのクロッチ部分をよく見るとクリトリスがわかるのがいいね!

 

俺だけかな?みえるのは?

 

みなみはおまんこが見れなかったが、

 

飛鳥は違う、パンティーを脱がされおまんこがグチョグチョである絵は勃起してします。

 

 

もう、エロ漫画最高

 

この話は最高にエロくて抜ける話になってる。

 

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パシリの舌テク、ヤバいって…ッ」をコピペして検索してください。

1話¥66でお手頃価格です。

9話配信中です。

 

1話はこちらで読めます。

2話はこちらで読めます。

3話はこちらで読めます。

4話はこちらで読めます。