3話、「パシリの舌でイっちゃう…!」ビクンと震え潮を噴いて――

3話のネタバレ

乱れたみなみの息が荒くなっている。

 

ピンク色のパンティーのクロッチ部分が濡れているのが目視でわかる。

 

この俺の長い舌で感じたのではないかと自信をつけていた。

 

この勢いで首筋を舐め上げる国広だった。

 

みなみは身体が反応している。

 

今度は胸である。

 

女子高生にしては、胸が大きい。

 

得意の舌で乳首を舐め上げる。

 

みなみの乳首はドンドンと尖っていくのがわかる。

 

固くなる乳首に感動する国広。

 

「レロレロ」と舐め上げると

 

 

「あっ、んんんん。」

 

 

と可愛い声の喘ぎ声が微かに聞こえる。

 

みなみの額から汗が湧き出ている。身体が火照っているのだ。

 

乳首を口の中に含んで、舌先で乳首の先端を舐める。

 

これにはみなみが異常に反応して感じている。

 

そして、徐々に下の方に舌が這っていく

 

へその周りを舐め上げると身体が震えているのがわかる。

 

みなみは気付いている。

 

なんで、体中どこでも舐められると気持ちが良いのだろう!

 

両足を広げて太股の内側を舐め上げる。

 

まるでAVのようである。

 

そしてピンク色のパンティーに指を触れると、指にまで愛液がつくほど洪水状態である。

 

この状況は全て国広の舌で反応した結果である。

 

パンティーのクロッチ部分を横に動かして

 

おまんこ開帳である。

 

そして、おまんこの縦割れに沿って舐め上げる国広。

 

みなみは凄く乱れている。

 

「ここイヤだ」

 

しかし、それは逆の意味だ。もっと責め立てた。

 

次はクリトリスを上下に舌で責めた。

 

逃げようとするが、逃がさない。

 

膣の奥まで舌を入れてくる国広。

 

「もうムリ・・・」

 

 

「ああああああああ!」

 

 

「ビクッ・・・」

 

 

国広の顔にむかって潮吹きをするみなみ

 

3話はここまで

 

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パシリの舌テク、ヤバいって…ッ」をコピペして検索してください。

次話はこちらから⇒4話へ

3話の感想

涙目のみなみが可愛い。

 

もう生意気な女ではない。

 

舐め回されて悦ぶ女である。

 

こんなやつでイッたら恥ずかしい。

 

絶対にイカない。

 

この表情が何とも溜まんないエロい表情だ。

 

女子高生ではないエロっぽさが上手く描写されている。

 

みなみのみだらな姿は勃起します。

 

カラーがエロさを倍増します。

 

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パシリの舌テク、ヤバいって…ッ」をコピペして検索してください。

1話¥66でお手頃価格です。

9話配信中です。

 

1話はこちらで読めます。

2話はこちらで読めます。