2話、うねる舌にギャルのアソコも濡れてしまい…

2話のネタバレ

 

パシリの人生が始まった。

 

昼になれば、昼食の買い出し。間違えて買ってきたらまた、買い出しに行く。

 

宿題やプリント提出は丸投げでやってもらう。

 

帰りは、カバン持ち、関係ないみなみと飛鳥のカバンだ。

 

2人の後姿を見て、後ろから犯したい気持ちになる。

 

翌日、またみなみからのパシリだ。

 

「メロンパンをもって屋上に来い」とラインで命令。

 

屋上の階段に座っているみなみ。

 

パンティーが丸見えである。

 

みなみ1人だ。ほかの2人は部活で忙しい。

 

みなみは壁にくっついてコーヒーを飲んでいるとき、

 

いきなり、国広が壁ドンをしてきた。

 

「いい加減にしてくれ、もう限界だ、」と怒りを爆発させた。

 

みなみは国広を馬鹿にした。

 

「好きな娘にアプローチできなくて、フルートを舐めて喜んでいる童貞男に何ができるの」

 

頭に来た国広はまた両手を壁に当てて、

 

みなみの唇を奪った。

 

抵抗するみなみだが、男の力には勝てない。

 

国広の舌がみなみの口の中に押し込まれてディープキスをしてくる。

 

柔らかい舌が絡みついてくる。

 

みなみの口の中が気持ちいい。

 

 

とろけるような舌である。

 

 

みなみは国広の舌が長いだけでなく。生き物のように絡みついてくる。

 

これもまた、とろけるようなで気持ちが良い。

 

みなみのパンティーのクロッチ部分が湿っていのがわかるくらい感じている。

 

身体が小刻みに震えて感じている。

 

お互いの口を離れると唾液が2人の口からつながっていた。

 

すかさず、国広は舌をみなみの口に入れてくる。

 

みなみの足がガクガク震えている。

 

立っていられないみなみは、お尻から倒れていった。

 

 

「はぁ~はぁ~」

 

 

みなみの息が乱れている。

 

イヤ、国広の甘いキスに感じて腰が抜けた状態になったのだ。

 

2話はここまで

 

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パシリの舌テク、ヤバいって…ッ」をコピペして検索してください。

次話はこちらから⇒3話へ

2話の感想

みなみの生意気ギャルが女の顔になる。

 

これが何とも言えないくらいの可愛い表情である。

 

国広のディープキスに身体が小刻みに震えている姿はエロい

 

おまけに、パンティーの中はみなみ自身がわかるほど濡れている。

 

生意気ギャルが長い舌だけでこんなに乱れるとは凄いね。

 

 

「はぁ~はぁ~」

 

 

この息が荒くなって顔が赤く火照っているみなみが可愛い。

 

犯したくなる姿だ。

 

この姿でぬけますよ。

 

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パシリの舌テク、ヤバいって…ッ」をコピペして検索してください。

1話¥66でお手頃価格です。

9話配信中です。

 

1話はこちらで読めます。