9話、日頃の想いをピストンに乗せ、ギャルのアソコをとろけさせ…

9話のネタバレ

 

みなみの腰が浮いている。

 

まるで、快楽を求めているかのようだ。

 

この姿が印象的である。

 

パンティーを脱がすと愛液が糸を引いているのがわかる。

 

期待しているのだろうか?

 

凄くおまんこが濡れている状態である。

 

国広はすかさず太股を舐めて責めた。

 

 

「んんっ・・・」

 

 

でも、みなみは早くおまんこを舐めてもらいたかった。

 

それでも、国広は太股を舐め回して焦らしている。

 

もう、立派な大人のテクニックだ。

 

太股、へそを舐めて焦らす国広

 

もう、溜まらないみなみは

 

「ち、ちがうって・・・!」

 

意地悪げに国広は

 

「どこ舐めてほしいって」

 

みなみの顔が一気赤くなっていった。

 

でも、みなみは恥も外聞のなく、

 

「もうバカ、早くこっちなめてぇ」

 

自分でおまんこを広げて意思表示をするみなみ

 

すると、国広はおまんこを舐めるのではなく、

 

ズボンのチャックを降ろして、ちんこをだすと

 

みなみは初めて生のちんこをみてびっくりしているがなんか嬉しそうな表情をしていた。

 

愛液でぐっしょりのおまんこに国広の立派なちんこを挿れていく。

 

「グ・グ・グリ・グリ、ジュポ・・・」

 

みなみのおマンコの奥深く貫いた。

 

激しいピストン運動にみなみは涎を垂らしながら喘いでいる。

 

「ジュプ、ジュプ、ジュプ、」とおまんこの中から聞こえるいやらしい音である。

 

それでも、容赦なくピストン運動をする国広

 

乳首を長い舌で吸い上げ舐め回ししながら、ピストン運動が加速する。

 

みなみのおまんこの中がまるで生きているようにうねっている。

 

さらにピストン運動を加速させ、これでもかと言わんばかりに腰の動きを速くする。

 

もうこの2人は完全に野獣のセックスである。

 

国広に処女を奪われたみなみは、

 

また、クソ生意気なギャルに戻った。

 

「また、明日ジュース買ってきてよ・・・」

 

「私の命令は絶対よ」

 

でも、これは、また部屋にきてセックスをしようというメッセージにしか聞こえない。

 

9話はここまで

 

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パシリの舌テク、ヤバいって…ッ」をコピペして検索してください。

次話はこちらから⇒10話はこちらで

9話の感想

 

相当みなみは国広の舌が良かったんだね。

 

飛鳥と桜に国広を取られないようにするみなみ

 

健気だね。

 

おまけに早くクンニをしてもらいたいと顔を赤くして頼むなんてあの長い舌で舐められるのが気持ちいいと感じたんだろうね。

 

でも、国広はなぜか上手である。

 

みなみの事は聴く耳持たず、逆に焦らすなんて女性を知っている男だ。

 

案の定、みなみはトロけたおまんこがもう我慢できない状態に・・

 

この話は、セックスの駆け引きが盛り込まれている話だ。

 

絶対に参考になると思うし、何よりもみなみの表情で抜ける~(笑)

 

抜きたいなら下記へ

 

無料お試し読みはこちらでクリック

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「パシリの舌テク、ヤバいって…ッ」をコピペして検索してください。

1話¥66でお手頃価格です。

9話配信中です。

 

1話はこちらで読めます。

2話はこちらで読めます。

3話はこちらで読めます。

4話はこちらで読めます。

5話はこちらで読めます。

6話はこちらで読めます。

7話はこちらで読めます。

8話はこちらで読めます。